• よくある質問

【権利ガイドライン】配信の際は、権利侵害をしていないか気を付けましょう!

公開日:2018-06-18 更新日:2020-10-17

配信をすることは、とてもクリエイティブな活動です。だからこそ、あなたのトークを守るために、他の人の創作物にも敬意をもって、むやみに作者の権利を侵害しないよう、ルールを守って配信していきましょう。
なお、著作権ルールに違反しているものについて、Radiotalk運営が本人もしくは第三者より申し立て・報告を受けた場合は、配信者の方に無許可で配信ならびに画像を削除させていただくことがありますのでご了承ください。


音源の使用について


Radiotalk配信中に、販売されている楽曲の音源を無許可で流すことは著作隣接権の侵害となり、Radiotalkの利用規約違反となります。



Radiotalkで著作権侵害となる例


❌楽曲をそのまま流す、BGMに使う
→⭕️自作の曲や、権利者(レコード会社など)から利用を許可された曲なら問題ありません。
→⭕️著作権フリーの楽曲なら利用しても問題ありません。(以下に詳細あり)

❌カラオケで歌った音源を流す
→⭕️カラオケ事業者や店舗の許可があれば問題ありません。


 こんなときに注意!
・音楽がないと寂しいので、BGMとして好きなアーティストの音楽をかけながら話してしまった・自分の推しのバンドの曲を広めたくて、全編流してしまった・カラオケの音に合わせて「歌ってみた」を配信してしまった


配信後に利用申請をすればRadiotalkで使ってもいい例


⭕️歌詞を引用する
⭕️アカペラや自分の伴奏で歌う
⭕️楽曲の替え歌を作って歌う

※ただし、元の曲を大きく変えて歌唱するなどの行為をした場合、権利者から「著作者人格権」に基づく権利主張をされる可能性があります。


 ⚠️こんなときに注意!


・音楽がないと寂しいので、BGMとして好きなアーティストの音楽を、(権利者に無断で)かけながら話してしまった
・自分の推しのバンドの曲を広めたくて、権利者に無断で全編流してしまった
・権利者に無断で、カラオケの音に合わせて「歌ってみた」を配信してしまった


(詳しい解説)
Radiotalkは作詞者・作曲者・音楽出版者の持つ音楽著作権の管理をしているJASRACと契約を締結しているため、詞とメロディを扱うことは可能になります。ただし、実際に曲を演奏したり歌ったりする演奏家や歌手、もしくは、音源を制作しているレコード会社などがもつ「著作隣接権」は各権利者がもっているため、完成された「楽曲」をそのまま流すことはできません。


利用申請方法


トークの場合


①トークを配信後、トーク詳細ページの右上にある「…」というボタンをタップしてください。
②「楽曲申請」という項目が出てくるので選択してください。
③「JASRAC楽曲の利用申請フォーム」が表示されるので、フォーム内の項目を埋め、送信すれば申請完了です。
※1配信のうち何曲も楽曲を使用している場合は、お手数ですが再度該当トークの「楽曲申請」項目から申請をお願いします。


d0383647_12244411.png


ライブの場合


①ライブ配信終了後、リザルト画面の一番下に、楽曲申請の導線があるのでそちらをタップしてください。



②「JASRAC楽曲の利用申請フォーム」が表示されるので、フォーム内の項目を埋め、送信すれば申請完了です。


■一度のライブ配信で複数の楽曲を利用した場合

①「JASRAC楽曲の利用申請フォーム」の一番下の欄にあらかじめ入力されている「トークID」をコピーしてください。(コピー漏れにお気をつけください)
コピーしたトークIDは、事前にメモなどにペーストしてください。

②フォームにて1曲目の楽曲の情報を送信後、「別の回答を送信」をタップしてください。



③再度申請フォームが表示されるので、一番下の「トークID」の欄(今回は空欄位なっています)に、先ほどコピーしたトークIDをペーストしてください。



④回答を送信すれば完了です。

※近日公開予定(2020/10/17現在)のライブのアーカイブ機能リリース以降は、アーカイブからも楽曲申請を行うことが可能になる予定です。
それまでは、お手数ですがトークIDをコピーする方法にてご対応をお願いできますと幸いです。


■ライブで楽曲を利用したが、申請しそびれてしまった場合


近日公開予定のライブアーカイブ機能リリース後、これまでの配信が一度全てアーカイブのリストに表示されます。アーカイブから楽曲申請を行うことが可能なので、そこからアーカイブの保存期間終了前に申請をお願いいたします。


楽曲を自由に使っていい例


⭕️著作権フリーと認められた曲を使う 

▼AudioStock様 
https://audiostock.jp/
▼魔王魂様 
https://maoudamashii.jokersounds.com/ 
▼HURT RECORD様 
http://www.hurtrecord.com/bgm/ 
▼DOVA SYNDROME様
 https://dova-s.jp/ 
▼Music Note.jp様 
http://www.music-note.jp/bgm/index.html



⭕️著作権がすでに切れている曲を使う 
例)グスターヴ・ホルストの「木星」、Happy Birthday to You 
※ 著作権の存続はこちらからご確認いただけます。 

▼作品データベース検索 
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main.jsp?trxID=F00100

なお、Radiotalkは「トーク」のサービスなので、歌詞やメロディはあくまでトークの味付けに使うとして、「トーク」を楽しんでいただけたら幸いです!





画像について


自分の番組のジャケット画像や、トーク・ユーザー画像に、他人の著作物を使用することは、著作権の侵害となります。



❌権利者(作者や制作会社等)に無許可でキャラクターの画像を使う
 →キャラクターグッズ(ぬいぐるみやポスター、フィギュアなど)を撮影したもの(私物含む)もNGです。
❌事務所や本人に無許可で有名人の顔写真を使う
 →⭕️モノマネした自分の画像なら問題ありません(侮蔑的な場合は人格権に基づく権利主張をされる可能性もあります)
❌他の人が撮った写真、描いたイラストを無許可で使う
 →⭕️イラストを描いた本人から許諾を得ている場合は問題ありません。



 ⚠️こんなときに注意!


・自分の好きなキャラクター(公式サイトから勝手にスクショ)を、ユーザー画像に設定してしまった
・モノマネを配信しようとして、番組画像をモノマネしているキャラクターの公式イラストにしてしまった
・とりあえず目の前にいたキャラクターのぬいぐるみを撮影して番組画像にしてしまった




朗読について


Radiotalk内で著作権の保護期間内である作品を朗読し、それを配信することは、「公衆送信権」の侵害にあたります。よって、下記の行為が認められるトークは、削除対象となりますのでご注意ください。


❌まだ著作権が切れていない作品をまるまる朗読する。
※著作権の保護期間は、原則として作者の死後70年です。(平成28年の法改正より、保護期間が死後50年から70年に延長されました。) 
→⭕️引用の範囲内(例:好きなフレーズを1,2行ほど読み上げ、自分の考えや感想を述べる)であれば、問題ありません。
なお、すでに著作権の保護期間が切れている作品は、こちらからご確認ください。

▼青空文庫
https://www.aozora.gr.jp/

著作権の消滅した作品と、作者によりあらかじめ許可を得ている作品が無料で公開されているサイトです。


 ⚠️こんなときに注意!
・自分が好きな絵本(1991年出版)を朗読してしまった
・時事ネタについて話したく、ネットで見つけた記事を全文読んでから話し始めてしまった


創作活動をしている方々がこれからも素敵なクリエイティブを生み出せるように、ルールを守って配信しましょう!



Radiotalk内の配信で、自分の作品が無断で使われていた場合


自分の作品などが無断で配信されていることを発見された方は、Radiotalkのお問い合わせフォームよりご報告ください。

ご報告の際、
・権利侵害しているトーク/ライブのURL(コンテンツの右上のシェアボタンよりURLを取得することができます。不明な場合は、配信のタイトルやスクリーンショットでも構いません)
・具体的な侵害内容(例:自分の描いた絵を無断でトーク画像に使用している)
をご連絡ください。

なお、権利侵害を報告できるのは、著作権の所有者またはその公式代理人のみです。
第三者による通報の場合、ご対応いたしかねますのであらかじめご了承ください。(その場合、権利者にご報告をお願いいたします。)


この記事を読んだ人におすすめ

もっと見る