オカメマミレ

うとうと読書

眠た目の明け方に朝焼けを浴びながらしずかな声で本を読みます。オカメインコがうしろでときどき鳴いたりします。どうぞお付き合いください。