• 運営からのお知らせ

Twitterにシェアしたときの見た目(Twitter Card)を改善してみた

公開日:2020-03-16 更新日:2020-03-16

どうも! 運営の井上 @JD_KAORI です。皆さん、Twitterは好きですか? 私は大好きですが、世間の情報が偏ってしまうのを危惧して昨日から「5日間ログアウトします」と宣言し……たものの、なんと今日は!


「RadiotalkをTwitterにシェアしたときの見た目」の改善をお知らせすることになりました


そんなわけで、宣言から24時間足らずでログインした次第です。



さっそくですが、上記の図は「Twitter Card」と呼ばれる、Twitterにシェアしたときの表示デザインです。変化にお気づきでしょうか?


以前はRadiotalkerさんがせっかく設定してくださった画像が、Twitterにシェアするときに「縦3分の1くらいに切り抜かれた」形でシェアされてしまっていることが多いなぁというのが気になっていました。


リスナーさんは、Twitterを眺めながらふと流れてきた写真・言葉に惹かれてトークを聴きに行くかもしれません。というのに、どんなに魅力的なトークでも、タイムラインにドーンと大きく映った画像がたとえば謎の「鼻〜口にかけてのアップ」なんかでは、トークが聴かれないままスルーされてしまいます。


それではもったいない! より興味持ってもらえるように、聴きたくなるように、我々で工夫できることはないか……ということで工夫したバージョンのTwitter Cardを公開しました。


<工夫した点>
・たとえ知らない人のタイムラインに流れたとしても、話の中身で興味を持ってもらえるために、タイトルを大きく画像として表示
・設定していただいた画像が見きれないように表示
・遷移先が音声だよとわかるような、時間の表示


<ご提案>
画像の美しさが際立つ形となりますので、これを機にぜひ番組画像を見直してみませんか?(ゴリゴリに作りこまなくても問題ありませんが、テキトーか否かの差がハッキリでることとなってしまうのですよね。。)


さて、この変更によって、Twitter上での表示回数に対して再生画面に訪れた数の割合が高くなれば、「より興味を持ってもらえるようになった」と判断しようと思います。逆に以前のほうが数値が高い結果となれば、元に戻すことにします。。


そしてこのデザインが最終形だとも限らないので、改善をさらに重ねていく次第です。「こんなデザインだったらな」というご意見、ご要望、どうぞお聞かせください!


くわしくは本日の運営公式番組「運コミュ!(運営とコミュニケーション、の略)」でも配信しています。



  • ツイッター

この記事を読んだ人におすすめ