伊藤悠貴

幻想の中の現実を追い求め、ロマン主義に挑戦し続ける人生でありたい。